不妊治療を行っても、夫婦で妊活を行ってもなかなか妊娠しない辛い状態。もしかすると父母の配偶子の状態が良くないのかもしれません。

 

 

 

日本では晩婚化の影響で不妊になるカップルが急増しています。

 

 

 

不妊には大きく分けて2つに分類されます。1つは物理的に受精ができない不妊、2つ目は受精しても正常に育たない不妊です。

 

 

 

不妊治療は非常に行動な医療技術で主に物理的に難しい不妊改善を目的とし受精卵を作ることに特化した医療です。

 

 

しかし・・・

 

 

非常に高度な日本の不妊治療ですが実は不妊治療実施に伴う赤ちゃんの出生率は世界的に視ても低いランクにあります。それは、日本の晩婚化が進み不妊治療を受ける年齢が世界に比べても遅いからなのです。

 

 

 

どんなに妊活や不妊治療を頑張っても子宝に恵まれない方は大勢おられます。その主な原因は父母の配偶子(精子・卵子)のコンディションが悪いからです。

 

 

 

晩婚化が進んだ30代以降に妊活を行う人が多い日本では、配偶子のコンディションを整えることと妊娠後に赤ちゃんを育てる子宮の環境を整えることがとても大切です。

 

 

 

しかし、日本の不妊治療では父母の身体に対するケアは治療として行われません。だから受精卵は作れても着床し育むといった妊娠まで行かない方が多くおられるのです。

 

 

 

つまり、妊活や不妊の改善には西洋医学の対処療法だけは難しく、本当に改善するには父母の身体の改善という根本を見直す必要があります。

 

 

漢方なら

優しく不妊を改善できる

福井薬局漢方公式ライン

 

 

辛い不妊に対する根本治療は漢方や生活習慣を見直すことで父母の身体の状態を高め改善することです。

 

 

 

名古屋に根を張る老舗漢方薬局「福井薬局」では

辛い不妊症状を漢方薬で優しく改善するお手伝いさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

福井薬局では妊活に悩まれる多くの患者様に対し不妊を改善する漢方アプローチを行ってきました。

数多くの患者様お一人お一人のお身体のコンディションを整えることで子宝に恵まれた嬉しいお声を頂いております。

 

 

更に詳しく知りたい方はこちらから専門サイトをご参照ください。

 

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にご相談くださいね。

 

お電話はこちらから

052-611-5468